ブログ

寒だら

2023年01月25日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

昨日の寒波で酒田もようやくというより
一気に冬らしい景色になってきました。

庄内の冬の郷土料理の一つに“寒鱈汁”があります。
真冬の厳しい寒さの時に産卵のために回遊してくる鱈を寒鱈と言います。

脂がのって丸々太った寒鱈を頭から尾まで余すことなく使用した
寒鱈のあらを煮るあら汁の事で、
あらのことを“どんがら”と呼ぶことから、“どんがら汁”とも言われます。

酒田では、1/28(土)、29(日)に寒鱈祭りが開催されます。

冬の庄内の名物でもある寒鱈汁。
ぜひ現地で食べてみたいものです。

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

だんらんレストラン

2023年01月08日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

 

今年の冬は“暖冬”とも言われていますが、
それでもやっぱり冬は寒くて苦手です。

酒田では寒波がきてもそこまでの雪は積もりませんでしたが
つい先日、同じ山形県でも4mもの積雪があったとのニュースを見て驚きました。

 

そんな寒い冬には“ガサエビのスープ”を使った
“ビスク鍋”で温まってみてはいかがでしょうか。

 

今回の鍋の具材は、エビの風味を感じられるよう
魚や肉類を使用しませんでしたが
それぞれのご家庭の具材で楽しんでいただけたらと思います。

ホームページ上のバナーでもご紹介しておりますので
そちらを参考に是非作ってみてください。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

冬ギフト

2022年11月25日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

 

今年も残すところ1か月ちょっととなりました。

今年1年お世話になった方々へ感謝の気持ちを込めて
“ガサエビのスープ”を贈りませんか。

 

当店の”ガサエビのスープ”は、
日本海で獲れる希少なガサエビを濃厚なスープに仕上げ、
真空し、瞬間冷凍することでスープの旨味をぎゅっと閉じ込めています。

そのままスープとして飲んでも、ビスクカレーやビスクグラタンとして食べても
身体がぽかぽか暖まれるような一品となっておりますので
今年の冬は“ガサエビのビスク”で暖まっていただけたらと思います。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

冬の贈り物にガサエビのビスクを

2022年11月10日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

秋色に染まった街の景色がきれいな毎日ですが、
立冬を迎え、暦の上では冬になりましたね。

これから寒くなっていきますが、寒い日に帰ってすぐに温かくなれるスープがあると便利です。
冬のギフトとしていかがですか。

身体も温まり、気持ちもほっと落ち着くスープ。
ガサエビのビスクは味が濃く、エビのおいしさを存分に味わって頂けます。

お正月にも欠かせないおめでたい食材のエビを使ったスープを送りませんか。

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ トレヴィス

冬のギフト

2022年10月29日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

 

今年一年お世話になった方々へ、日頃の感謝を込めてガサエビのスープを贈りませんか。

 

そのままスープとしても美味しく召し上がれますが、
濃厚なスープだからこそできるアレンジレシピも新たにご紹介しております。
(詳細はバナーページをご覧ください。)

 

「お歳暮・お年賀」のギフト用として、のしをつけてお送りします。

 

発送日のご希望がありましたら、発送日カレンダーをご参照のうえ、
備考欄に日付を記入してください。(発送希望日の2日前までにご注文ください。)
ご希望がない場合には、準備ができ次第順次発送いたします。

 

※備考欄に「お歳暮」または「お年賀」の入力をお忘れのないようお願い致します。
入力がない場合には、通常商品の発送になりますのでご注意ください。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

敬老の日

2022年09月05日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

9月19日は敬老の日ですね。

敬老の日の贈り物に「ガサエビのビスク」はいかがですか。
秋らしい掛け紙とメッセージカードをご用意しています。

「海老」は、長いひげや曲がった腰が老人の姿に例えられ、長寿を願う贈り物にぴったりな食材です。
エビの赤い色が縁起がよいとされていることからも、いつまでも元気でいてほしいという願いを込めて、ご自宅でのお祝いの料理の一品にもおすすめです。

スープで召し上がっていただくのはもちろん、アレンジレシピで食卓をオレンジ色で彩ってみませんか。


ビスクリゾットの盛り付け例

エビの旨味がたっぷりつまったスープは栄養があり、夏の疲れた体を温め、気持ちもほっこり、
お祝いの席が和やかになって頂けたらと思います。

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ トレヴィス

 

お中元

2022年07月16日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

 

今まで何度かお中元に関する内容のブログを載せてきましたが、
そもそもお中元の由来とは?と気になり調べてみました。

 

お中元の由来は中国の暦にあり、
中元(7月15日)の日に神様にお供え物をした人は
罪を赦されると信じられていました。

これが日本に渡り、お供え物を人々で分かち合う
”共食”から始まったと考えられる風習が、
次第に食料を贈る贈答習慣として定着していったと考えられます。

現代では、共食というような本来の意味は
ほとんど意識されなくなっていますが、
お中元やお歳暮で食料品が贈られるのはこの名残なのかもしれません。

日本独自の贈り物文化は、形式にとらわれず
相手の気持ちに寄り添ったものへと
少しずつ変化しているようです。

 

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

お中元

2022年07月10日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

 

お中元の時期が地域によって異なるというのはご存じでしたか?

 

・関東、東北 7/1~15
・北陸(地域差あり)
新潟県、石川県 7/1~15、富山県、石川県 7/15~8/15
※石川県は県内でも地域によって期間が異なります。
・北海道、東海、関西、中国、四国 7月中旬~8/15
・九州 8/1~15
・沖縄 旧盆にあたる3日間

こんなにも細かく分かれているので
お中元を贈る相手の地域を確認しておくなど、早めの準備が大切ですね。

お中元時期に送り忘れてしまったという場合には、
暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ると良いといわれています。

暑中見舞いは 梅雨明け~8/7頃(立秋)
残暑見舞いは 8/7頃(立秋)~8/31
こちらはお中元と違い、地域差はありません。

 

客席のないレストランKEYAKIでもお中元ギフトを承っております。
この機会に、お世話になった方々へ
日頃の感謝の気持ちを込めて贈ってみてはいかがでしょうか。

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

お中元

2022年06月28日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

今年のお中元ギフトはもうお決まりでですか?
まだ迷っている方、決めきれていない方、
今年のお中元にはガサエビのスープを選んでみてはいかがでしょうか。

自分ではなかなか買わないけれど、
贈り物として届いたらきっと喜んでいただけるのではないでしょうか。

 

ガサエビの旨味がぎゅっと詰めこまれた濃厚なスープなので
そのままスープとして飲んでも、
料理でアレンジしても海老の旨味を存分に味わえる一品です。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

父の日

2022年06月18日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

明日は父の日ですね。
お父さんと一緒にワインはいかがですか。

フランスでは、夕食前に食欲をそそるために飲むお酒(食前酒)のことを
「アペリティフ」といいます。

食事前に少しおしゃべりをしながら、軽いおつまみで食前酒を楽しむ時間で、
フランス人にとって大切な習慣として親しまれている「アペリティフ」。

 

 

アペリティフには爽やかで飲みやすいワインや、スパークリングワインなどがおすすめです。
父の日にお父さんとゆっくり食前酒を楽しみませんか?

 

 

その後の食事も、ガサエビのビスクを使ったアレンジ料理で、
美味しく楽しい時間を過ごして頂けたら嬉しいです。

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ トレヴィス

お中元

2022年06月01日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

 

お世話になった方々へ、日頃の感謝を込めてガサエビのスープを贈りませんか。
冷たいものばかりとりがちな夏にこそ温かいスープで相手の健康を願い、
ガサエビのスープを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

「お中元」のギフト用として、のしをつけてお送りします。

 

発送日のご希望がありましたら、発送日カレンダーをご参照のうえ、
備考欄に日付を記入してください。(発送希望日の2日前までにご注文ください。)
ご希望がない場合には、準備ができ次第順次発送いたします。

 

※備考欄に「お中元ギフト」の入力をお忘れのないようお願い致します。
入力がない場合には、通常商品の発送になりますのでご注意ください。

 

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

父の日

2022年05月30日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

6月19日は父の日ですね。
お父さんにガサエビのビスクを贈りませんか。

食へのこだわりがあるお父さんに気に入って頂けると思います。
アピールポイントを5つ

  1. 獲れる地域が限られている
  2. 漁獲量が少ない希少なガサエビ
  3. 旨味たっぷり
  4. レストランのシェフの濃厚スープ
  5. 急速冷凍で作りたてのおいしさ

そのまま飲むのはもちろん、朝食にパンとスープ、
夜はアレンジレシピを見てからパスタなど、
お父さんと料理のことでおいしい会話が弾んだら良いなぁという
気持ちを込めて、KEYAKIから父の日ギフトにおすすめいたします。

普段は照れくさくて言えない気持ちを、メッセージカードで伝えてみませんか。
オリジナルメッセージをお入れします。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ トレヴィス

このページのトップへ