ブログ

クリスマスプレート

2023年12月16日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

今日は、クリスマスに使いたいKEYAKIのコレクションをご紹介いたします。
ローゼンタール社のスタジオラインのお皿です。

ローゼンタール社は1961年、フィリップ2世が「いつまでも真の価値を持ち続け、時代に合っているものこそ本物」という理念のもと時代を代表する芸術家やデザイナーとコラボレートした作品が多いドイツの会社です。

 

デンマークの芸術家ビョルン・ビンブラッドのデザインです。(廃盤品)

この季節、私たちはこのでデザインをクリスマスリースに見立てセットしてみました。

少し強引ですがお皿の助けも借りて、楽しいおもてなしです。

客席のないレストランKEYAKI
支配人

秋の味覚

2023年12月13日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

 

もう12月なのに秋の味覚。
ちょっと違和感もありますが、
11月中にブログでも紹介した秋食材の“さつまいも”で
さつまいも料理を作ってみました。

まずはシンプルに蒸かしていただきました。
(写真はありません。)

さつまいもチップス

芋ようかん

スイートポテト・大学芋も作りましたが、写真を撮り忘れました。

 

思った以上にたくさんの量があったので、ついこの間まで
休みの日がくるたびにさつまいもやかぼちゃと関わっていた気がします。

手の込んだものは作れませんでしたが、全部使いきることができて一安心でした。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

クリスマス

2023年12月10日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

 

 

12月に入って、ご自宅でのクリスマスパーティーを計画している方も多いと思います。
そんな時に、ナフキンで「キャンドル」を作ってみませんか。

以前ご紹介した動画ですがよろしければご覧下さい。
簡単でかわいいので、私は気に入っています。

 

クリスマスの一品にガサエビのビスクはいかがですか。

濃厚なエビの旨味がたっぷりのガサエビのビスクは、お歳暮やお年賀にも喜んで頂けると思います。
備考欄に「お歳暮熨斗希望」など、記入して頂ければ熨斗をお付けいたします。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ トレヴィス

 

 

「大雪」の北庄内

2023年12月07日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

今日は二十四節気の「大雪」です。
シンプルに、「大雪が降る頃」ということです。

定点撮影1:鳥海山と北端の庄内平野と砂丘畑と柿の木(AM8:30)
昨日までは晴天でしたが、残念ながら今日から崩れ始めてしまい、どんより、今にも降りそうな空です。

定点撮影2:ケヤキの木

3カ月半前の8月23日処暑の頃、あれだけ暑かった夏がうそのようですね。

定点撮影3:山居の蔦
紅葉も終わり、あとは雪を待つばかりです。

街はグレー一色だったので、「色」を求めて花屋の友人を訪ねてみました。
店内は数十種類の花、花、花。
その中で庄内産の花を紹介してもらいました。
①アリストロメリア
山形県は全国3位の出荷量なんだそうです。

②白ユリ
そういえば、酒田に昔「白ばら」というグランドキャバレーがありました。

③ストック
庄内地方でのストック栽培はとても盛んで、東京都中央卸売市場大田市場でも庄内スットクフェアーを開催するほどだそうです。
 

つかの間の青空、この後突然の雷、そして激しい雨になりました。

お歳暮のお手配はもうお済ですか、どうぞ「ガサエビのビスク」をご利用ください。

客席のないレストランKEYAKI
支配人

アイスローズ

2023年12月04日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

今日はKEYAKIの食器の中からイギリスのシュガーポットをご紹介いたします。

1959年にロバート・ミンキンがデザインした、ウエッジウッド社のアイスローズ(Ice Rose)というシリーズです。

真っ白なボーンチャイナにブルーローズが優しく咲くデザインは、まさにアイスローズという名前がピッタリです。

食後のデミコーヒーに静かに寄り添うシュガーポット。少し気になって調べてみたら1984年に廃盤になっていました。

気が付けば、普段使っているものがアンティークになっていたりすることって、少しうれしくなります。永く大切に、普通に使い続けたいと思います。

客席のないレストランKEYAKI
支配人

 

 

「海里」

2023年12月01日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

本日12月1日から、庄内観光コンベンション協会が企画する、冬期間の庄内地域及び戸沢村への観光誘客のための、『アナタへおくる冬ものがたり』キャンペーンが始まります!
期間中は、 地域の冬の風物詩である寒鱈まつりや新酒、春にかけては雛や傘福など、庄内の魅力を存分にお楽しみいただけるような企画を展開するそうです。

先日、観光キャンペーンに先立ち行われた開幕セレモニーで、「庄内の食」のふるまいに当店の「ガサエビのビスク」も選ばれ、参加させていただきました。
鶴岡駅の1番ホームで、観光列車「海里」を迎えてのセレモニーです。


(写真は新潟に向けての出発時です)

 

羽黒太鼓の演奏や酒田のキャラクター「あののん」、出羽三山の山伏も登場しました!

「海里」到着時間午後3時26分から出発3時56分まで、わずか30分間のイベントです。

 あっという間でしたが。「濃厚で美味しい」と多くのお客様にお喜び頂きました。
「また来てのー」参加者全員でお見送りしました。

冬の庄内には美味しものがたくさんありますので、是非、お越しください。

「庄内の食」のおもてなしにビスクをお選びいただきありがとうございました。

師走。冬のおもてなしに、あったかーいビスクをどうぞ。

客席のないレストランKEYAKI
支配人

冬間近

2023年11月28日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

早いもので11月も終わりに近づき、
今年もあと1ヵ月となりました。

最近は天気の崩れた日が多く、
少し晴れ間が見えたと思えばすぐ後に
土砂降りが降ったりと不安定な気候が続いています。

少し前の写真になりますが、
こんな晴れた天気がもう既に懐かしい気がします。

冬になり雪が降る前にもう一度くらい
青空の天気のいい日で過ごしたいですね。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

酒田北港緑地展望台

2023年11月25日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

11月21日、何十?年ぶりに酒田北港緑地展望台へ行ってきました。
目的はこの日の朝、酒田北港に入港したダイヤモンド・プリンセスを見る為です。

11月3日も寄港していましたが、11月は天候を踏まえ、ふ頭内の一般公開はないということで残念でした。
それでも一目見ておこうと、近くで見学できる場所として紹介されていた「酒田北港緑地展望台」へ。

近くには多目的広場(公園)があります。
私も芋煮会をしたり、歩いたりしたことがある場所ですが、本当に久しぶりです。 

 

展望台からのダイヤモンド・プリンセス。
鳥海山の山頂は見えませんでした。

酒田北港緑地展望台の1階には展示施設もあり、港について知ることが出来ます。
ようこそ、「港ものしり館」へという看板が迎えてくれます、親近感。
7階(地上約18m)の展望室からは酒田港を一望できます。

 

灯台のペーパークラフトがありました。

  営業時間は季節によって違いますが、夕日の見える日は日の入りまで延長だそうです。

4月の外航クルーズ船酒田港寄港物産展のブログです。
よろしければご覧下さい。
その1その2その3(ダイヤモンドプリンセス)その4

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ トレヴィス

 

「小雪」の北庄内

2023年11月22日

ようこそ客席のないレストランKEYAKIへ

今日は二十四節気の「小雪」です。(ショウセツ)
冷え込みが厳しくなり、雪の季節を迎える頃です。

定点撮影1:鳥海山と北端の庄内平野と砂丘畑と柿の木
山頂付近は残念ながら雲に隠れていました。

定点撮影2:ケヤキの木
今年は、周りのケヤキの木よりも葉落ちが早かったように思います。
少し心配になります。

定点撮影3:山居の蔦
この2週間で一気に色づきました。

「立冬」11月8日

「霜降」10月24日

いよいよ冬の魚のハタハタが出始めました。(写真は北海道産)

市場で山形青菜を発見!お寿司屋さんから頼まれて、特別内陸から取り寄せたそうです。
とても大きい漬物用在来野菜です。

小春日和の温かさも明日まで、週末は雪の予報です。
気温差に気を付けてお過ごしください。

客席のないレストランKEYAKI
支配人

実りの秋

2023年11月20日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

秋ももうすぐ終わりに近づいていますが、
秋に収穫時期を迎える食材たち。


ゴマ柿、初めて見ましたが、渋抜きをしなくても食べることができ、
シャリシャリ触感の柿でした。

 


調理しやすそうな小さくて可愛らしいかぼちゃ。

 


見た目どおり甘くておいしい柿でした。

 

ありがたいことにあちこちからいただき、
食後のデザートはほぼ毎日柿を食べています。

日持ちするさつまいもとかぼちゃは調理するのを後回しにしがち…。

おかずにもスイーツにもなる万能食材だと
勝手に思っていますが、やはり何を作ろうかと
悩んでしましますね。うれしい悩みです。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ オベルジーヌ

テーブルナフキンの折り方

2023年11月17日

ようこそ客席のないレストランKEYAKIへ

今日のナフキンは「ホタテ貝」です。
少し形が決まりにくいナフキンですが楽しんでみて下さい。

 

 

客席のないレストランKEYAKI
支配人

ガサエビのクリスマス

2023年11月14日

ようこそ、客席のないレストランKEYAKIへ

最近の挨拶は「寒くなりましたね~」が多くなりました。
11月になり、年末を意識し始め、12月の慌ただしさを身近に感じ、そわそわしています。

忘年会やクリスマスのご予定はお決まりですか。
ご自宅でのパーティーの一皿に、何でもない日の一皿に、ガサエビのビスクを加えて頂けたら嬉しいです。

 

今日の酒田は晴れ間がのぞく時間もありますが、どんより空のほっこりに、クリスマスの雰囲気を少しだけ。

支配人にイラストをリクエストしました。
お題「ガサエビに帽子(クリスマス仕様)と、クリスマスツリー」。
35秒ほどなので、よろしければご覧下さい。

 

客席のないレストランKEYAKI
スタッフ トレヴィス

 

 

このページのトップへ